NEWS

ぐるんとボウサイダー 熊本災害対策チーム運営活動 応援寄付金のお願い

1)応援寄付金の目的
2016年4月14日に発生した「熊本地震(仮)」では、まだまだ余震が続いており、天候の悪化によるさらなる被害も懸念されています。土砂崩れによる交通網の麻痺の影響もあり、県外からのボランティア活動は難しい状態です。しかし、被災地では医療関係者の人不足、物資がすべての避難所に行き届いていないなどの混乱が続いてる状態です。
離れたところにいる私たちに実際的に出来る応援はなんでしょう?
 現地に行きたい気持ちは分かります、必要な物資を届けたい気持ちも分かります。しかし現地に混乱を招く行動をさけ、被災地支援を経験し、現地で効率的に動ける”行くべき人”の現地入りを支援し、現地からの情報を被災に影響されない場所で支援経験のある人的ネットワークで連携を図る災害対策チームで遠隔事務局を運営します。その活動の継続運営のために応援寄付金を集めます。それが今、現地のためになる支援です。
運営主催
株式会社ぐるんとびー 代表取締役 菅原 健介
ボウサイダー制作委員会 代表かわしまゆうが

2)応援寄付金の使い方
東日本大震災で2万人を越えるボランティアナースなどを派遣した、株式会社ぐるんとびーの代表取締役・菅原健介の母親が代表をつとめる日本最大のボランティアナースの団体『NPOキャンナス』が熊本の支援活動を開始しています。応援寄付金はそのキャンナスの活動を全面的に後方支援すると共に、その周辺で起こる医療・看護外の生活支援・介護に関する課題を見定めるため、適切な経験者スタッフを送り、効率的な被災地支援をサポートするために利用します。皆様から頂いた応援寄付金は、『NPOキャンナス』への直接寄付および、後方支援のために活用させて頂きます。
 熊本の震源地にキャンナスに同行する形で、ぐるんとびー代表の菅原健介が4月17日から入ります。一東日本大震災で大規模支援のコーディネートをしていたメンバー数名と一緒です。現地に入り、コーディネートをサポートしながら、後方・遠方から出来る支援を見定め、24時間365日の包括介護支援を行う小規模多機能型介護施設に併設する災害対策事務局を設置し、そこを起点に東日本大震災の支援で培ったネットワークを駆使した情報ボランティアで被災地の生活を支えます。
東日本大震災の時に長期に渡って現地に入り
被災地支援に帆走したぐるんとびー代表、菅原健介の言葉
 「自分の介護事業所を設立してまだ半年なので、今回は東日本大震災の時のように僕自身が長期間、現地でコーディネートを行う事はできませんが、災害支援経験があること、地域の広報担当として何がいま必要なのか、人的・金銭的な支援を含めて、何を適当と判断するのか。僕の考えを発信し、少しでも熊本の方々のお役にたてる動きができればと思います。経験から、現地に行って、見て、感じないと分からないことがある。そのために震源地の熊本県益城町に入ります。」
超長期で活動する看護師ボランティア、
仮設住宅訪問や在宅被災者支援に取り組む ( 東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/7868
この想いとアクションに応援寄付金をよろしくお願い致します

3)後方支援するキャンナスについて
「全国ボランティアナースの会 キャンナス」は支援団体が現地でニーズを探すのではなく、既に優先順位の高い地域の医療ニーズに対応する団体です。彼らは東日本大震災で復旧期のフェーズから現地に入り、ナイチンゲールが感染制御の為にトイレ掃除から始めたのと同じように避難所のトイレ掃除から始め、延べ2万人のナースを動員。医療を越え地域の生活をみすえた長期的な動きで今も現地と寄り添っている団体です。
 ボウサイダー制作委員会のファウンダーの1人である蓮見洋平も「東北で僕も直に見てきました。信頼度と情熱に関してこれ程高い団体は無いと思っています。災害時に公共的なシステムには限界があり、救われにくい部分を見極め行動してきた彼らを僕は応援したい。」と語り災害支援の中でそのキャンナスの被災地支援の素晴らしさを実感しています。
 「全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス」は “デキル(Can)ことをデキル範囲で行うナース(Nurse)”という意味で、看護師免許を持っているけど活かせていない看護師さんに呼び掛け、全国各地で地域に根付いたボランティア団体として活動しています。2011年の東日本大震災ではいち早く立ち上がり、医療職のボランティア数は延べ約2万人に及びました。株式会社ぐるんとびー代表の菅原健介(理学療法士)は「キャンナス東北」の東北統括リーダーとして活動に参加し、自宅で孤立して生活している住民への支援や訪問看護ステーションなどの紹介を行いました。指示をしたりされたりする活動ではなく、現場で必要だと思うことを看護師たちが積極的に行動に移すことで、現地で本当に必要とされる支援や活動を見つけることが出来ます。その温度感を得るために現地に入ります。
 そして事前防災を地域コミュニティ作りで支援するボウサイダー制作委員会では、立ち上げ当初から活動を応援してくれている菅原健介のアクションと共に『キャンナス』の地域支援活動を力いっぱい後押したいと考えています!そして遠方や後方から出来る効果的な被災地支援を見つけ、皆さんに紹介していくために「ぐるんとボウサイダー災害対策チーム」を共同で立ち上げました。関東や遠方にいながら出来る、離れているからこそできる効果的な被災地支援をみんなで実行していきましょう。明日は自分が被災者になるかもしれません。その時に助けになるのは離れて暮らす私たちひとりひとりの助けたい想いです。
全国訪問ボランティアナースの会 キャンナスについてさらに詳しく
http://kifusuru.com/articles/view/1179.html
https://www.fesco.or.jp/winner/h24/104.php

4)応援寄付の仕方

◆クレジット決済の場合
ウサイダー制作委員会のECサイト(STORES.JP)にて
3種類の応援チケットとして取扱い中
応援はコチラ https://bowcider.stores.jp/

◆銀行振り込みの場合
横浜銀行 鎌倉支店(511)
普通 6055419
口座名義 ボウサイダーセイサクイインカイ
※振り込み手数料はご負担ください

お問い合わ先

株式会社ぐるんとびー info@grundtving.co.jp
ボウサイダー制作委員会 info@bowcider.com
電話 09035234610(担当:鈴木 真)
※常時応対は出来ない場合がございます
※留守電に伝言を残すかメールにてご連絡ください

5)ぐるんとボウサイダー災害対策チーム
株式会社ぐるんとびー
http://www.grundtvig.co.jp/

代表取締役 菅原健介

取締役 菅原有紀子
社外取締役 川島勇我
会計 後藤和幸
法務 阿毛裕理 

介護・看護スタッフ
柳下 将徳 神谷 直美
樫山 夏妃 篠 幸江
三浦 正幸 堀江 真沙子
小野田 好美 髙栖 望
※常勤スタッフのみ記載、事業所全体でサポートします

医療サポート
片岡 侑史 長谷川 太郎

被災地支援サポート
横瀬 えりこ

ボウサイダー制作委員会
http://www.bowcider.com/

代表 かわしまゆうが

蓮見 太郎 竹腰 甲生
小曲 久美子 蓮見洋平
片平よしみ

地域連携サポート
鈴木 真

WEB制作サポート
崔宗浩 浅井拓海

Special Thanks全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス
NPOココロまちアホが世界を変える☆
湘南きずな
株式会社バク転
まこじろう福祉事務所

【ぐるとびーのHP内にも掲載しています!そちらにはキャンナスの活動写真などもありますので、ご覧ください】
http://grundtvig.co.jp/contribution.html

FM横浜☆E-ne!に出演させていただきましたー!!!!!

横浜近辺にお住まいの方ならラジオのデフォルトチャンネルはもちろん84.7!!!ですよね♬今日はその、FM横浜の『E-ne!』という番組で「鎌倉戦隊ボウサイダー!」を取り上げてくださるということで、制作委員会みんな揃ってランドマークタワーのFM横浜スタジオにお邪魔してきましたー☆

番組中14:00~の「エシコン」というコーナーでのご紹介☆「エシコン」とは…自分たちが使う「モノ」の背景を考え、自分の幸せはもちろん、そこにいる人々の幸せにも代価を支払う、まさに、「倫理的な消費者」=「エシカルコンシューマー」。そのライフスタイル・コンシェルジュとして、毎日の生活を豊かにしてくれるヒントを様々なスペシャリストに伺っていきます。取り上げる地域は「地球サイズ」~宇宙まで、世界中のエシカルナビゲーターとつながり、ナビゲートしていきます。というコーナー!

そうか。ゆーがさんは宇宙サイズのエシカルナビゲーターだったのかwww

放送後に撮っていただいた写真が『E-ne!』のブログに載ってます♬そして、今日の放送聞き逃しちゃったよー!!!!という残念なアナタ。ご安心を。ポッドキャストで聴けますよ~☆

いやぁ~ミツミンかわいかったな~♡声も発音もラジオで聞くより素敵だったな~♡↓↓↓Check it out☆

『E-ne!』ブログ
http://blog.fmyokohama.jp/ene/

【keep Green & Blue】ポッドキャスト
http://eco.fmyokohama.co.jp/